ダイビングのお客さんに改めて教えたいこと

ダイビングのお客さんに改めて教えたいこと

スキューバーダイビングについてですが、最近ではこのアクティビティを愉しむ方は珍しくなくなっており、さらにこのダイビングのお客さんの中には、自らダイビング器材をそろえてスキューバーダイビングを愉しむ方が多くなってきています。しかし、きちんとした器材選びをされているかというと、残念ながらそうでない場合がまだ多いです。

 

ダイビング器材とスキューバーダイビングについてはその選び方を間違うと安全機能が損なわれ、アクティビティそのものが台無しになる可能性があります。ダイビングのお客さんが自分のダイビング器材を選ぶ場合には、どうしても好みやデザイン、ディテイルだけで選んでしまいがちですが、その道のプロの意見を聞き、慎重に選ぶべきです。例えばドライスーツに関しては首や手首部分が浮かずにしっかり肌にフィットしており、水が入らないものを選ぶのがベストです。常連のダイビングのお客さんには、セミオーダーやオーダーもお勧めします。

 

体験ダイビングのお客さんがドライスーツをレンタルする場合にも、この点をポイントに選んでください。また、あまり経験のない方がダイビング器材を選ぶ際には、スキューバーダイビングについて知識が豊富な人にショップに同行してもらうことが賢明です。同行してもらえる詳しい人がいない場合には、知識も経験も多いダイビングスポット付近のショップを取っ掛かりにすることをお勧めします。

ホーム RSS購読 サイトマップ